夫のこと

夫婦喧嘩を回避する能力が妻にはある⁉

「お金さえあれば離婚したい!」と妻が時々思うくらいはフツウのことよ、と多数の応援クリックをいただきまして(笑)ありがとうございました!けれど、夫婦喧嘩をして夫と険悪な雰囲気になることはできる限りさけたいもの。だって居心地が悪くなってホント疲...
嫁の気持ち、姑の気持ち

親の家を片付ける③~解体費用は200万超えが相場だって

一人暮らしをしていた姑が1月に亡くなって、空き家になっている夫の実家。物が多すぎて片付ける気力は失ったまま。それでも夏の終わりには、ご近所迷惑にならないようにと、植木の剪定と草刈の作業を依頼して外回りはスッキリ。片付けの時に水はいるし、手は...
更年期・老年期

50代夫婦、結婚生活のリアル

今日は前々回のテーマ、「お金さえあれば離婚したいと思っている女性の割合」をもう少し深堀り(笑)小説「もう別れてもいいですか」の中では、「中年女性の8割方はそう思っているハズ」というセリフがあったけれど、いくらどうでも8割は多過ぎるんじゃない...
更年期・老年期

50代「心から愛し合っている夫婦っているの?」

さて、前回ブログの続きです。垣谷美雨さんの著書「もう別れてもいいですか」、50代夫婦のリアルな結婚生活を垣間見るようで、同世代として共感もできるし、せつなくもあり、心を鷲掴みにされました。 主人公の澄子(58歳パート主婦)に、30代独身の娘...
更年期・老年期

お金さえあれば離婚したい中年女性の割合だって⁉

垣谷美雨さんの著書「もう別れてもいいですか」を読みました。面白くて、夫が早く亡くなった独り身の私でも不思議と共感できてしまう。 妻を見下し、女中扱いする夫との離婚がテーマの物語。この物語が、多くの50代主婦が「うんうん、その気持ち分かるわぁ...
犬との暮らし

ワンコが喜ぶ供養とは⁉

ここ何回か先月亡くなった愛犬ラッキー(17歳)のことを投稿してきました。これからも思い出話は書くつもりですが、お別れのエピソードは今日で一旦区切りをつけようと思っています。でも、当分の間「パピヨン」のカテゴリーで、皆さまの可愛いパピヨンに癒...
犬との暮らし

変わっていくこと、変わらないこと~新しい生活の中で

家族が亡くなった後すぐに、電化製品が何か壊れてしまったという体験はありませんか? もう20年近くも前に夫の職場の方から聞いた話だけれど、それは、わりとよく起こることらしい。なぜそうなるのか理由は分からないけれど。私には思い当たることが何度も...
犬との暮らし

ラッキーを見送って今、思うこと

息子にせがまれて犬を飼うことを決めたのは、2006年1月のこと。当時息子は小学1年生。夫が早くに亡くなって4年が経つ頃のことで、息子と私、二人きりの生活に慣れてきたとはいえ、幼い息子はどうにも精神的に不安定だった。 犬を飼うことが、元気に楽...
犬との暮らし

ラッキーのいない日常

ラッキーがお空にかえっていって、ウチに一人でいる時の静かなこと。この世に私しかいないんじゃないの?と思えるくらいのこの静けさに慣れることができなくて、ますます寂しくなる。おまけにこの時期は日暮れが早い。夕方5時には真っ暗になって一人ぼっち感...
犬との暮らし

ラッキーとのお別れ

先日、愛犬ラッキー(パピヨン)が亡くなりました。17歳と11カ月を過ぎて、18歳の誕生日まで、もう、20日を切っていたところでした。 春頃からは、生活の様々な面でサポートが必要でしたが、それでも、最後まで自分の足で立つことが出来て、ご飯を食...
スポンサーリンク